Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

やわらかチキンの独り言

とろとろ〜ほろほろ〜

【まとめ】何度も読み返したくなる!絶対面白いオススメ漫画

どうも、やわらかチキンです。

 

今回は、普段から単行本しか買わない主義の私が、本棚から何度も読み返している漫画を紹介しようと思います。

 

 

 

きのう何食べた?/よしながふみ/モーニングKC

弁護士で料理上手な史郎さんと、美容師の賢二のゲイのカップルを中心に、普段知る事の出来ないゲイの方の日常。ゲイである事の生き辛さ、気持ちを知る事が出来る漫画です。私は、初めて知る事が多く、非常に興味深い内容ばかりです。

そして、もう一つの重要な要素としては料理です。料理上手な史郎さんが、毎話美味しい料理を作り方と共に描かれている。賢二の回もある。主に凝った料理というよりは、めんつゆを多用するズボラというと語弊があるが、実践しやすい料理ばかりだ。私が購入している理由は、実は料理本としてです。読むと必ず今夜にも試したいと思う料理が載っています。

美味しい料理がレシピ付きで載っている上に、ゲイの方の生活を知れるという一石二鳥なこの漫画、オススメです。

 

 

 

3月のライオン/羽海野チカ/白泉社

若くして棋士として活躍する桐山零が、それまでの人生が原因となり心を閉ざしていた。しかし、川本家の三姉妹との出会いから徐々に心を開いていく。

自分は将棋を指さないので知識が乏しいが、分かり易く説明してあり難なく読み進める事が出来る。時には、羽海野チカさんの独特な感性が光る表現もある。例えば、「穴熊」という戦法で熊を描いたりと楽しく描かれている。

そして、私が購入する最大の理由は何よりも魅力的なキャラクター達が沢山描かれているからです。成長を見守りたくなる桐山零、皆可愛い川本家の三姉妹、桐山零のライバル二階堂と爺や。数え上げればきりがないです。良い意味で。是非、お気に入りのキャラクターを探して欲しい。

 

 

 

モテキ/久保ミツロウ/講談社

藤本幸世、29歳、彼女なし。そんな幸世がある日突然、元同僚や飲み会で知り合った照明助手、地元のヤンキー、それに人生で一番好きだった女性。この女性達との距離が近付き、離れを繰り返す。人生で初めてのモテキが到来する。森山未來主演で映画化された漫画。

見た目は悪くないが、なかなか一歩が踏み出せない幸世に対して苛立ちを覚えますwwwなぜ、そこで行かない?逃げるなよ!勇気出せよ!と、読者が気付くと応援してしまう。それは幸世に対してなのか、自分に対してなのか、凄く甘酸っぱくなる漫画です。

 

 

 

さて、如何だったでしょうか?

単行本は一度、本棚に置いてしまうとなかなか読み返す事が無いと思います。そのような漫画はレンタルやネットで読んでしまって、何度も読み返したくなる漫画は是非!単行本で買ってみませんか?

 

では!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブックマーク、シェアお願いします!