Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

やわらかチキンの独り言

とろとろ〜ほろほろ〜

【まとめ】北海道民が泣いて喜ぶ!東京にあったら良いお店

どうも、やわらかチキンです。

 

今回は、東京の人はほとんど知らない。北海道民だけのソウルフードをご紹介したいと思います。特に、今回のお店は札幌市民でも直ぐには食べに行けないお店をまとめてみました。

 

 

 

まずは、函館周辺のローカルコンビニエンスストア、「ハセガワストアのやきとり弁当」です!

GLAYの差し入れ等のエピソードで知名度は高いかも知れません。ここのやきとり弁当の最大の特徴は、注文後に店内でやきとりを焼き台で店員さんが焼いてくれて、これまた店内で炊いた米を詰めて作ってくれます。味は塩とタレの二種類があり、どちらも甲乙つけ難い。玄人は塩一択!という声もあります。

食べ方は、弁当の端に空いた穴から串を出し、くるくるっと回して串を抜きます。そして、あとはがっと口に掻き込むだけ。肉から噛むたび肉汁が溢れ出し、ご飯が止まりません。あ、このやきとりは「とり」とは言え、「豚肉」です。これが旨い。

 

 

 

次は、こちらも函館周辺のみの出店している「ラッキーピエロのチャイニーズチキンバーガー」です!

ラッキーピエロというお店は、店舗ごとに遊園地やクリスマスといったテーマが異なる内装が見ているだけで楽しい。そして、店舗ごとに置いてあるメニューが異なるのも楽しい。

そして、メニューはバーガーからカレー、スパゲッティと幅広いファミリーレストランです。その中でも、チャイニーズチキンバーガーがおすすめ。カラッと揚げた唐揚げを甘辛ダレに絡めて、マヨネーズとレタスをサンドしたバーガーです。一度かぶりつけば、甘辛ジューシーなタレとマヨネーズが口中に広がります。また、もう一個食べたくなる味です。

 

 

 

最後は、帯広周辺と釧路に一店舗展開している「カレーショップインデアンのカレー」です!!!

これは本当に旨い、旨すぎる!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直、その説明で十分なのですが補足すると、帯広は北海道で最も市販のカレールウが売れません。何故なら、インデアンがあるからです。帯広で「今日はカレーよ」と言われたら、それはインデアンのカレーを指します。店舗へ食べに行くこともありますが、家庭から鍋を持参してその鍋にルーを入れてもらい、家で温め直して食べます。

インデアンという名前に聞き覚えのある方も多いと思いますが、こちらの社長が大阪のインデアンカレーに感銘を受け、自ら帯広で店を開いたのが始まりとのことです。

ルーは、インデアンルーとベーシックルー、野菜ルーの三種類から選べてます。トッピングも、ハンバーグ、チキン、エビ、シーフード、カツがあります。

おすすめは、インデアンルーへカツをトッピングです。インデアンルーは、どろっとしたカレーで、舌の上にまとわりつきます。その後に喉に旨味が押し寄せは返し、また一口、また一口と食べてしまいます。私は、昼ご飯と夜ご飯に食べても飽きませんでした。

 

さて、如何でしたでしょうか?東京は何でも揃っていますが、この店の味はそこへ行かなければ食べれません!是非、北海道へ来た時に食べに行って下さい。全部間違いありません!

 

では!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブックマークやシェアお願いします。励みになってます!